>

2011年12月01日

人参の芯

人参の中心部分(木質部)は硬くて味が染みにくく、栄養価が少ないが、木質部の周囲の色の濃い部分にはβ-カロテンや食味の良い成分が多く含まれる。中心部と周囲の部分を別々に生食すると味の違いがはっきり出ると試してがってんでもやっていた。従って、色の濃い部分が多いほど品質が良いといえる。それを見極めるには、葉の切り口に注目。切り口が太いほど木質部が大きいので、そうした人参はおいしくない。

我が人参(ちょい霜焼け)
111201_145854.jpg
これほど切り口が小さい人参はなかなか無いだろう。何しろ土がふかふかの状態なのに葉を持って抜こうとすると切れることが多い。収穫しにくい。
これは肥料を上手にコントロールするとこうなる。よいできだ。


posted by 山田 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

役立つブログまとめ(社会貢献): 千葉県の農業/農園/農場/農家 by Good↑or Bad↓
Excerpt: 千葉県内の農業/農園/農場/農家情報で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、紹介したいNPO活動のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。
Weblog: 役立つブログまとめ(社会貢献)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓
Tracked: 2011-12-06 22:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。